スポンサーリンク

糖質をとりすぎると

糖質制限ダイエット

糖質をとりすぎると

食事からとった糖質は、体内でブドウ糖に分解されて、血中に入って全身に行きわたります。

すると、上昇した血糖値を下げるため、すい臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは血液中の糖をグリコーゲンとして筋肉や肝臓に蓄えますが、余った糖は蓄積されて脂肪になるため、多く摂りすぎると肥満を招きます。

また、糖質を取りすぎは健康にも悪影響を与えます。

中でも、生活習慣病のひとつ、糖尿病は、糖質と深いかかわりのある病気です。

糖尿病の原因には、肥満や運動不足などの生活習慣のほか、高血糖状態が続くことでインスリンが大量分泌されてしまい、すい臓に負担がかかってインスリンが分泌されにくくなることもあげられます。

糖質制限食は糖尿病の予防に役立つだけでなく、血糖コントロールのため一部の病院では糖尿病治療に取り入れられています。